ライバルは整体師!?

鍼灸院vs整体院

もはや、鍼灸院の間でライバル意識を持つだけでは不十分で、整体業界へ目を向ける必要に迫られています。

重要な事実は、一般の人から見れば、鍼灸院と整体院は同業であり、体にトラブルを抱えた時には、その区別はありません。そこに国家資格免許というアドバンテージはありません。

気軽さ、という点では、整体に傾くことが多いといえるでしょう。このままいけば、鍼灸院は「整体院で治らない患者さんを診る」というポジションに押しのけられてしまいます。

最後の砦、としてプライドを築くことも一つの手であると言えます。ただ、忘れてはいけないのが、最後の砦であればあるほど、高いスキルを要求されるということです。

<鍼灸院>

怖くて不安だが、絶大な効果があるかもしれない
     ↓
効果が少しくらいなら、期待外れ。

<整体院>

効果がなくても、害はないだろう
     ↓
効果が少しでもあれば、期待以上。

私たち鍼灸師が選ぶ道は2つ。

1.気軽さの獲得
2.高いスキルの習得

1.気軽さの獲得

これは、整体院の集客力に対抗する力を備える、という意味でもあります。人々がなぜ、一番目に整体院を選ぶようになったのか、そこに着目することで私たちの課題が発見できます。

肌を見せなくてもよい、道具を使わないから安全、というイメージが整体にあるとすれば、それに対抗できるだけの演出を鍼灸師も考えて行かなければなりません。

→「どう見えているか」を意識すること。

2.高いスキルの習得

整体スクールも年々進化し、慰安技術を越え、治療技術まで教えるところが増えてきました。「治せる整体師」という言葉がキーワードになっているようです。整体師が治せないから鍼灸師に仕事が回ってくる、という時代も終焉を迎えようとしています。

もちろん、すべての整体師が何でも治せる、なんてことにはなりません。しかし、もし1割の整体師が高い治療術を身につけたらどうでしょう。少なく見積もっても鍼灸師の10倍は誕生している整体師。鍼灸師と並びんでしまいます。

→「何ができるのか」を追究すること。

鍼灸師の集客術

私たち鍼灸師にとって、「集客」という言葉は馴染みが薄いものかもしれません。しかし、この言葉を片隅を置いておくことが難しい時代に突入しています。

なぜなら、ライバルである「整体師」は次々に「集客術」を手にしているからです。

鍼灸師が養成学校で、基礎知識を身につけている間、整体師は経営を勉強している、と言っても過言ではありません。国家試験のない整体師にとって、必要なのは実践的なテクニックと経営学だからです。

国家試験のための勉強を否定しているのではありません。むしろ、そこで培った基礎力を活かすためには、経営も譲れないと考えているのです。

鍼灸院に訪れる方は「患者」であって「客」ではない、と考えても、選ぶ側は前述のように鍼灸院と整体院に区別がありません。

何のための資格なのか…と考えた時、少なくとも「患者を集める道具」と言うことは難しいでしょう。

ここで国家資格の意味を取り戻すなら、クオリティしかありません。クオリティとは結果です。患者さんが治っていくことです。

私たちが提案したいのは、「結果を基盤にした集客力」です。気軽さで劣ったとしても、それを凌駕するほどの満足を患者さんが得られたなら、その笑顔に吸引力が宿ることは間違いありません。私たちには鍼灸があるのです。それを100%活かせたなら…。

(副代表 栗原誠)

プリンタ用画面
前
鍼灸との相性
カテゴリートップ
Column鍼灸師の視点
柔整師・整体師の方へ 東京都港区-品川駅の鍼灸院(頭痛・肩こり・花粉症)