講師紹介

栗原誠 KURIHARA,Makoto ── 活法研究会副代表

栗原誠(活法研究会副代表)

卒業校:東京衛生学園専門学校 東洋医療総合学科
免許:はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師
所属:鍼灸養気院(院長)
出身地:群馬県

灸に強いこだわりをみせる鍼灸師でありながら、活法を語り出すと止まらない。活法に対する探求心が鍼灸を飛躍させると信じている。鍼灸と活法のコラボによって新理論を展開し、その効果を自らの臨床によって証明している。「古武術鍼法」としてまとめ、普及に力を入れている。

 

受講生の皆様へ

広がる鍼灸師の可能性

法を語った時、その価値に最も早く気がつくのは鍼灸師ではないかと思います。なぜなら、同じ東洋医学だからです。活法のバックボーンには東洋思想があり、その思想が調整術として具現化されています。鍼灸との決定的は違いは、活法は日本で生まれた技術であることです。経絡経穴から観ることができない世界を活法は教えてくれます。その世界に魅せられてしまったのが私です。活法を通して日本の鍼灸を追究する、というライフワークがいつの間にか出来てしまいました。

 

手技療法に興味がない人ほど活法にハマる

マってしまった一人が私です。私から見ると、活法はとてもエレガントなテクニックです。汗をかくこともなければ、指を鍛える必要もありません。鍼灸師の手がそのまま使えます。確かな理論と無駄のない作法も魅力です。これにグッとくる人も多いのではないでしょうか。狙ったポイントにタイミングよく作用させる必要最小限のパワー。そして、大きく変化する患者さんの身体。このギャップを知ってしまったら抜けられません。

 

ライバルに差をつけたい

灸師なら誰でも気がつきます。鍼灸で食べていくことが簡単ではないことに。鍼灸師のライバルはジャンルを超えて存在します。他の医療機関だけでなく、多くの民間療法と競合する運命にあります。患者さんにとっては選ぶ自由に恵まれていますが、私たちにとっては、差別化できない者は生き残れないという意味です。活法の習得によって、圧倒的な個性と卓越した技術を同時に手に入れられます。指圧でもない、マッサージでもない、カイロプラクティックでもない、よく見る整体でもない…、患者さんが出会ったことがないスゴイ技術が活法です。