【整体セミナー】基礎☆腰背編

入門 腰痛編 肩こり編 骨盤編
基礎 腰背編
(腰痛編の続き)
頚肩腕編
(肩こり編の続き)
下肢編
(骨盤編の続き)
応用 体幹編
(腰背編の続き)
上半身編
(頸肩腕編の続き)
下半身編
(下肢編の続き)

 

セミナー申込みフォーム

セミナーの日程はセミナー最新情報でご確認ください。

 

テクニック

脊柱、仙腸関節、下肢まで幅広く調整法を学びます。入門セミナーの腰痛編と組み合わせることできめ細やかな調整が可能になります。ダイナミックなものから繊細なものまで、独創性が豊かなテクニックばかりです。

1.カエル泳ぎ

photo
種類 操法
目的 腰の緊張の緩和
対象の筋肉 脊椎起立筋など
方法 患者はうつ伏せ。術者は側面から腰部の最大緊張点をみつけ、がっちりと押さえる。患者に平泳ぎのような動きをしてもらう。
ポイント しっかりと押さえること

2.腰背の導引

photo
種類 導引 反射
目的 脊柱起立筋の緊張緩和
対象の筋肉 大腿四頭筋・脊椎起立筋・大殿筋・大腿二頭筋・半腱、半膜様筋など
方法 患者はうつ伏せ。術者は患者さんの下肢側面に位置する。患者の膝を屈曲させ、膝の少し上と足首を持つ。股関節を伸展させ、大腿前面が床につくように運動することを指示する。膝が伸びないように注意。床に足が着きそうになるところで、抵抗を加え、合図とともに瞬間脱力する。そして、また股関節を伸展させ、反射をいれる。
ポイント 膝が伸びないように注意。骨盤が少し上がるくらい力を入れてもらう。

3.坐骨上げ

photo
種類 操法 固定と移動
目的 坐骨神経を伸ばす 坐骨神経痛の緩和
対象の筋肉と骨格 大腿二頭筋・半腱、半膜様筋・坐骨
方法 患者は仰向け、対象の足を股関節、膝関節ともに屈曲。術者の足底を坐骨に当て、アクセルを踏むように骨盤をゆるめる。 坐骨を押し込み、押し引きをつくり、遠くへ足を置くイメージでゆっくりと置く。
ポイント 遠くへ足を置く意識。縮んでいる坐骨神経を伸ばす。

4.骨曲げ

photo
種類 操法 透し
目的 膝から下の調整
対象の筋肉と骨格 腓腹筋・ヒラメ筋・前けい骨筋・長趾伸筋・長母趾伸筋など
方法 患者は仰向け。術者は正座で大腿前面に下腿の真ん中あたりをのせる。手は膝下と足背におき、ゆっくりと体重をかけ曲げてゆく。
ポイント 透しをつかっておこなう。

5.横振り

photo
種類 操法
目的 腰から下肢側面のストレッチ
対象の筋肉 大腿筋膜張筋・内、外腹斜筋など
方法 患者は仰向け。術者は足首を軽く持ち、上体が動かない範囲で下肢を外に振る。上体が動かないギリギリのところで止め、足をクロスして側面が延びるようにストレッチする。
ポイント 左右おこなう。

6.玉入れ

photo
種類 操法
目的 腰椎の調整。腰痛に。
対象の筋肉 脊柱起立筋など
方法 立位でおこなう。触診にて硬縮をみつけ、横から脊柱に向かい押圧する。指の方向を変え、骨盤へ入れ込むように一気に圧する。
ポイント しっかりと入れ込む。身体の軸がぶれないように。

7.玉抜き

photo
種類 操法
目的 腰部硬縮の緩和。腰痛などに。
対象の筋肉 脊柱起立筋など
方法 患者はうつぶせ。横から触診で、腰部の最大圧痛点を見つける。圧痛を出した状態で、足を外転させ、圧痛が軽減もしくは消失する場所を特定する。その場所で、足の牽引をおこなう。
ポイント しっかりと意識しておこなう。

8.腰椎の反射出し

photo
種類 操法、反射
目的 腰椎の調整。すべり症に多用。
対象の筋肉 脊柱起立筋、広背筋など
方法 患者はうつぶせ。下腹部にクッションを入れる。1.目的の腰椎の上下を広げる。2.仙腸関節および尾骨周辺を擦過。3.上前腸骨棘に手をあて、骨盤を後転させる運動をする。4.両足の足首を持ち、目的の腰椎で折れるように持ち上げ、反射をいれる。
ポイント 目的の腰椎を意識しておこなう。

9.中殿筋の導引

photo
種類 導引
目的 中殿筋周辺の緊張緩和。腰痛などに。
対象の筋肉 中殿筋など
方法 患者は仰向けで、膝を立てる。対象の股関節を外旋させる。術者の肩で立っている膝を固定する。外旋した足のかかとをあげてもらい(小指の付け根を軸に)、抵抗を加える。合図とともに、瞬間脱力する。
ポイント しっかりと抵抗を加える。

10.骨盤の三点調整

photo
種類 導引
目的 腰仙骨部周辺の緊張緩和、坐骨尾骨間周辺の緊張緩和。坐骨神経痛などに。
対象の筋肉 大殿筋、外旋六筋など
方法 患者は仰向けで、膝を立てる。対象の股関節を外旋させる。術者の肩で立っている膝を固定し、外旋した足に抵抗を加える。さらに、膝を伸展や屈曲させ抵抗を加える。腰仙骨部に効かせたければ、膝を伸展。坐骨尾骨間に効かせたければ、膝を屈曲させる。合図とともに、瞬間脱力する。
ポイント 立てている膝、外旋した足、伸展や屈曲した足の三点すべてにしっかりと抵抗をかける。

11.うつ伏せの仙腸関節の導引

photo
種類 導引
目的 仙腸関節の調整
対象の筋肉 深層外旋六筋・大殿筋・中殿筋など
方法 患者はうつ伏せ、下肢伸展位。仙腸関節周囲の圧痛点を触れ、骨盤から踵を突き出してもらう。その状態で内、外旋をおこない、変化を確認する。楽な方向で、もとに戻る抵抗をかける。合図とともに瞬間脱力する。
ポイント 骨盤からしっかりと踵を突き出してもらう。

12.仙骨収め

photo
種類 操法
目的 仙骨周辺の緊張緩和。坐骨神経痛など。
対象の筋肉 大殿筋、外旋六筋など
方法 患者はうつぶせ。坐骨神経痛など症状がある側のみ調整。膝屈曲位、股関節外旋の状態にする。仙骨の下部を固定し、足を伸展位まで戻してもらう。
ポイント しっかりと固定する。

13.仙腸関節の反射

photo
種類 操法(反射)
目的 仙腸関節周辺の緩和。腰痛や仙腸関節の痛みに。
対象の筋肉 大殿筋、外旋六筋など
方法 患者はうつぶせ。まず、触診で仙腸関節周辺の最大圧痛点を確認する。膝屈曲位、股関節外旋にて膝を軽く持ち上げる。反射をいれる。
ポイント 最大圧痛点にテンションがかかるようにする。

14.尾骨出し

photo
種類 操法(反射)
目的 尾骨の調整
対象の筋肉 尾骨の周辺の筋肉と尾骨
方法 患者はうつぶせ。まず、触診にて尾骨がどちらに傾いているかを確認する。通常、尾骨が傾いている側に圧痛がある。圧痛がある側の足を使い、骨盤を縮小させて固定。もう一方の足で股関節内旋の運動をおこないながら、尾骨を正常な位置にもどす。最後に、両足をつかい、反射を入れる。
ポイント 尾骨を正常な位置にもどす。

15.アキレス腱伸ばし

photo
種類 操法(ストレッチ)反射
目的 アキレス腱を伸ばす
対象の筋肉 アキレス腱・大腿二頭筋・半腱、半膜様筋・腓腹筋・ヒラメ筋など
方法 患者は仰向け、膝伸展位、足関節背屈。対象の大腿を内転させる。反対足を固定し、ストレッチしていく。限界のところから、反射で可動域を広げる。徐々に可動 域を広げていく。
ポイント 膝を曲げないように注意する。

 

セミナー申込みフォーム

セミナーの日程はセミナー最新情報でご確認ください。

 

お申し込みの前に
活法研究会のセミナーは、技術を紹介することが目的ではありません。あなた自身が練習によって技術を獲得する場です。創始者、碓井誠師範自らが指導し、講師2名がサポートします。他のセミナーと違って高額ですが、その理由は徹底したコーチングにあります。