【整体セミナー】基礎☆頚肩腕編

入門セミナー 腰痛編 肩こり編 骨盤編
基礎セミナー 腰背編
(腰痛編の続き)
頚肩腕編
(肩こり編の続き)
下肢編
(骨盤編の続き)
応用セミナー 体幹編
(腰背編の続き)
上半身編
(頸肩腕編の続き)
下半身編
(下肢編の続き)

 

セミナーの日程はセミナー最新情報でご確認ください。

 

テクニック

頚、肩、上肢の調整を学びます。入門セミナーの肩こり編のテクニックと合わせることで、多様な症状に対応することが可能となります。テクニックの難易度は上がりますが、同時に調整レベルも向上します。

1.扇

photo
種類 操法
目的 指先の緊張の緩和
対象の筋肉 母指対立筋など
方法 患者さんに対象の手を開いてもらう。術者は患者さんの母指と小指を引っ掛けさらに開く。肘と肩の力を抜いてもらい回旋する。
ポイント 手を充分に開きリラックスしてもらう。

2.頚の神経ストレッチ

photo
種類 操法
目的 頚の側屈の可動域の改善 頚椎椎間板ヘルニアなどに
対象の筋肉 上肢の伸筋群
方法 患者は仰向け、上肢伸展位。手首を内旋屈曲し、前腕で押し引きを作る。上肢をロックした状態で、肩関節に向かって押し込み、充分に引いたところで、ロック解 除。これを3回繰り返す。
ポイント 手首をしっかりときめる。充分に引く。

3.胸椎の回旋導引

photo
種類 導引
目的 胸椎の可動域の改善
対象の筋肉 脊柱起立筋など
方法 患者は正座。患者は首の後ろで、指をからめる。姿勢をよくして、左右の可動域を確認する。楽な方で導引をかける。
ポイント 患者の姿勢をよくする

4.肩抜き

photo
種類 操法
目的 肩の可動域の改善
対象の筋肉 上肢の筋肉全般、肩関節
方法 右の肩を対象とする。直立の状態から、右足を一歩出して、安定させる。患者に首の後ろから親指を下にして、まっすぐ腕を伸ばしてもらう。術者はタイミングよく手首をとり、関節をキメル。患者に力を抜いてもらい、一気に引く。
ポイント しっかりと手首をキメル。タイミングが大事。

5.烏口腕筋の導引

photo
種類 導引
目的 烏口腕筋周辺の緊張の緩和
対象の筋肉 烏口腕筋、三角筋など
方法 肩関節水平位、肘屈曲位。肩関節を内旋させ、導引をかける。
ポイント 肩を水平に保つ。

6.肩関節の開け閉め

photo
種類 操法
目的 肩関節の可動域、及び肩の動きを良くする
対象の筋肉 僧帽筋・肩甲挙筋・大、小菱形筋・三角筋・烏口腕筋・大、小円筋・大胸筋
方法 患者さんは仰向けで、手首を屈曲した状態で肩を回旋し、肩関節の動きをチェックする。内まわしの場合は、肩関節を開き、外まわしの場合は、肩関節をつめる操作をおこなう。
ポイント 遠慮せずに思い切りおこなう

7.肩の牽引(手技×3)

photo
種類 操法
目的 肩関節の調整 五十肩などに
対象の筋肉 大胸筋・大、小円筋・三角筋・烏口腕筋・棘上筋・肩甲下筋など
方法 牽引1:患者さんは立位、肩を挙上、手首を背屈した状態でキープしてもらう。術者は真下に引っ張り、患者さんに動かないように堪えてもらう。
牽引2(鎖骨を下げる):患者さんは立位、身体の正面に腕を下げ内旋させる。その状態で軽く前かがみをしてもらう。真下に引くが、動かないように頚椎7番あたりでこら えてもらう。
牽引3:患者さんは立位、身体の後正面に腕を下げ内旋させる。真下に引っ張るが、動かないように頚椎7番あたりでこらえてもらう。
ポイント 真下に引っ張ること。鎖骨を下げる手技はこれのみ。

8.三角筋のつかみ

photo
種類 操法
目的 肩関節の可動域の改善
対象の筋肉 三角筋など
方法 患者は正座。術者は側面から、三角筋を両手でしっかりとつかむ。その状態で、患者に肩の外転をおこなってもらう。
ポイント 三角筋が動かないように、しっかりとつかむ

9.頚椎の導引

photo
種類 導引
目的 頚椎の可動域の改善
対象の筋肉 僧帽筋、板状筋、胸鎖乳突筋など
方法 患者は仰向け。術者は頭上に位置し、指頭で首の硬縮および圧痛を触診する。左の頸椎3番に硬縮があったとする。左の頸椎3番から折れるように、首を左に屈曲させる。そして、首を左に回旋させる。その状態で、元に戻す抵抗をかけ、導引をかける。
ポイント 目的のところに、しっかりとテンションがかかるように誘導する。

10.腱の調整

photo
種類 操法
目的 腕橈骨筋腱の調整。腱鞘炎などに用いる。
対象の筋肉 前腕の屈筋・伸筋群など
方法 対象を患者の左腕とする。    手首と肘のところで、押し引きをつくる。まず、手首側を最大回内させる。そして、肘側は回外させ、腱をハジクように捻る。
ポイント --

11.肋骨上げ

photo
種類 操法
目的 肩甲骨周辺の緊張の緩和
対象の筋肉 僧帽筋・大、小菱形筋など
方法 患者はうつ伏せ。肩甲骨内縁の圧痛点を触れ、身体の側面から圧痛点に向かって肋骨を押す。痛みが和らぐところを見つけ、深呼吸をさせ、はいたときに強く押し込む。
ポイント 肋骨を押す。

12.腕の巻き込み

photo
種類 操法
目的 肘周辺の緊張の緩和。ゴルフ肘、テニス肘などに用いる。
対象の筋肉 前腕の屈筋、伸筋群など。
方法 術者は、痛みのあるところを母指で固定する。患者に肘を巻き込むように、動いてもらう。肘の高さを3段階にわけておこなう。
ポイント 巻き込みにくい状態でおこなわせると効果が高い。

13.胸鎖乳突筋の導引

photo
種類 導引
目的 胸鎖乳突筋の緊張の緩和
対象の筋肉 胸鎖乳突筋など
方法 患者は仰向け。対象を患者の右側の胸鎖乳突筋とする。まず右の肩を挙上させる。そして、首を右へ側屈させる。元に戻す抵抗をかけ、導引をかける。
ポイント 頭は上部に抵抗をかける。

14.斜角筋の調整

photo
種類 操法
目的 斜角筋の緊張の緩和。胸郭出口症候群などに用いる。
対象の筋肉 斜角筋など
方法 患者は仰向け。対象を患者の右側の斜角筋とする。腋カに母指をあて、四指で鎖骨上部の硬縮を固定する。肩水平位、肘屈曲位の状態で、肩を内旋、外旋させる。硬縮が緩和すれば、よしとする。
ポイント 硬縮をしっかりと固定する。

15.頚椎の後屈調整

photo
種類 操法
目的 頚椎の可動域の調整
対象の筋肉 帽筋、板状筋、胸鎖乳突筋など
方法 患者は正座。患者の手の甲を合わせ、背部から背中をおして、可動域が改善する場所を見つける。その位置で手を重ね、術者は背面から完全に同調する。手のひらを術者の上体で押しこみ、首を後屈させる。背中の手をゆっくり戻し、首も戻しておわり。
ポイント 首を戻す際は、肩でサポートをする。

16.頚椎の前屈調整

photo
種類 操法
目的 頚椎の可動域の調整
対象の筋肉 胸鎖乳突筋など
方法 患者は仰向け。術者は、患者の顎に手を当てる。その状態で、上体を起こしてもらう。その後、顎をサポートしながら、首を前屈してもらう。
ポイント 患者の動きを邪魔しない。

17.後頭骨のすりあげ

photo
種類 操法
目的 後頭骨の調整 偏頭痛などに用いる
対象の筋肉 僧帽筋・後頭筋
方法 患者さんに正座をしてもらい、後頭骨の高さを確認する。下がっているほうの後頭骨を、頚の真ん中ぐらいから後頭部の真ん中ぐらいまですりあげる。
ポイント ねっぱる指でしっかりとすりあげる。

18.手首の屈曲背屈調整(対応の調整)

photo
種類 操法
目的 手関節の可動域の改善
対象の筋肉 前腕の屈筋・伸筋群など
方法 手関節の伸展の調整:
患者は正座。肘伸展位、前下方から肩関節屈曲させる。その際、術者はタイミングよく、手関節を伸展させる。その状態をキープしたまま、もとの位置にもどす。
手関節の屈曲の調整:
患者は正座。肘伸展位、前上方から肩関節伸展させる。その際、術者はタイミングよく、手関節を屈曲させる。その状態をキープしたまま、もとの位置にもどす。
ポイント 患者の4指の第1関節をはずさないようにする。

19.母指の開き閉じ

photo
種類 操法
目的 母指の調整
対象の筋肉 指屈筋群、指伸筋群など
方法 開く調整:
手関節回外の状態で、術者は示指と残りの3指をにぎる。にぎった指を開き、示指のみ外側にひねる。
閉じる調整:
小指を支点に手のひらを丸める。この時、母指は触れないようにする。最後に、インパクトを加える。
ポイント 調整する母指は、触れないようにする。

 

セミナーの日程はセミナー最新情報でご確認ください。

 

お申し込みの前に
活法研究会のセミナーは、技術を紹介することが目的ではありません。あなた自身が練習によって技術を獲得する場です。創始者、碓井誠師範自らが指導し、講師2名がサポートします。他のセミナーと違って高額ですが、その理由は徹底したコーチングにあります。

プリンタ用画面
前
整体)基礎☆腰背編
カテゴリートップ
セミナー案内
次
整体)基礎☆下肢編
柔整師・整体師の方へ 東京都港区-品川駅の鍼灸院(頭痛・肩こり・花粉症)