【整体セミナー】入門☆腰痛編

入門 腰痛編 肩こり編 骨盤編
基礎 腰背編
(腰痛編の続き)
頚肩腕編
(肩こり編の続き)
下肢編
(骨盤編の続き)
応用 体幹編
(腰背編の続き)
上半身編
(頸肩腕編の続き)
下半身編
(下肢編の続き)

 

セミナーの日程はセミナー最新情報でご確認ください。

 

入門セミナー☆腰痛編のスゴイところ

 

テクニック

腰痛を改善させる初歩的なテクニックを学びます。患者が仰臥位の状態で使えるテクニックを中心に構成しています。この初歩テクニックだけでも多くの腰痛の対応することができます。次の体幹編(基礎セミナー)まで学ぶと、腰背部のトラブル全般に対応できるようになります。

1.膝裏の硬縮とり

photo
種類 導引
目的 下肢から腰部の緊張を緩和
対象の筋肉 腓腹筋・ヒラメ筋・膝窩筋・腰方形筋
方法 患者は仰向けで、膝を立てる。足関節を背屈、外旋させる。足背小趾側に抵抗をかけ、合図とともに瞬間脱力する。
ポイント 無理な力を用いず、壁になることを心がける。

2.外・内腹斜筋の導引

photo
種類 導引
目的 外・内腹斜筋の調整 突発性側弯症などにも有効。
対象の筋肉 腹直筋・外腹斜筋・内腹斜筋
方法 患者は仰向けで、膝を立てる。対象の内・外腹斜筋側の腕を頭上に伸ばし、内側に捻りを加える。その捻りと伸びに対し、抵抗を加えて、合図とともに瞬間脱力する。
ポイント 対象の筋肉がしっかりと緊張するように誘導する。

3.梨状筋の導引

photo
種類 導引
目的 梨状筋の調整
対象の筋肉 梨状筋を含む深層外旋六筋・中殿筋・大殿筋
方法 患者は仰向けで、膝を立てる。対象の股関節を外旋させる。仙腸関節周辺の最大緊張点をみつけ、そこが緊張するように誘導する。合図とともに瞬間脱力する。
ポイント 対象の筋肉がしっかりと緊張するように誘導する。

4.腰椎の回旋導引

photo
種類 導引
目的 腰椎の可動域の改善
対象の筋肉 -
方法 患者さんは仰向けで膝を立てる。まず、左右の可動域のテストをする。楽な方に3回、逆を2回調整をおこなう。
ポイント 無理な力を用いず、壁になることを心がける。

5.大腰筋の導引

photo
種類 導引
目的 大腰筋の緊張の緩和
対象の筋肉 大腰筋
方法 患者は仰向け。まず、触診で大腰筋の緊張を確認する。術者は調整する側の側面に正座をし、患者さんの下腿を太腿の上に乗せる。片方の手は、大腰筋をマークしておく。まず、指を軽く背屈してもらい、下肢全体を内側に捻ってもらう。そして、固定する。今度は骨盤を気持ちよく捻ってもらい、合図とともに瞬間脱力してもらう。
ポイント 螺旋の動きを意識しておこなう。

6.腰挟み

photo
種類 固定と移動
目的 腰部起立筋の緊張の緩和(急性期対処法)
対象の筋肉 腰部起立筋・腰方形筋
方法 壁に向かって立ってもらい、背部から緊張しているところを思いっきり鷲づかみをする。そのままの状態で、垂直に屈伸をしてもらう。
ポイント 押さえている場所は一定の圧で。

7.腹部の透し

photo
種類 透し
目的 下腹部の緊張の緩和(急性期対処法)
対象の筋肉 腹直筋
方法 臍から下の位置で、緊張している場所を見つけ、腰部の痛いところへ向かって手先で押す。
ポイント 意識を遠くに。

 

※各テクニックに記した「目的」と「対象の筋肉」は、当会の共通見解を示したものであり、実際の臨床ではこの範囲に収まるとは限りません。

 

活法入門セミナー腰痛編2009

 

セミナーの日程はセミナー最新情報でご確認ください。

 

お申し込みの前に
活法研究会のセミナーは、技術を紹介するだけの会ではありません。あなた自身が練習によって技術を獲得する場となります。練習時間が長いのが一般的なセミナーと決定的に違います。翌日から実践で使えるレベルまで講師3名で徹底的にサポートします。講師は現役の鍼灸師です。

 

受講者の声

★必殺技とも言える活法

栗山健さん(東京都)

栗山健さんの顔写真鍼と整体だけで生きてきましたが、自分の技術に幅が出来て「必殺技」とも言える活法に出会えて本当にラッキーだと思いました。

直筆の感想文(栗山健さん)

 

★今までは鍼が一番だとおもっていましたが

市川一巳さん(静岡県)

市川一巳さんの顔写真今までは鍼が一番だと思っていましたが、それ以上のパフォーマンスができそうな活法を学べて幸せです。
今後は数をこなして自信を持って患者さんに喜んでもらえるよう基本をしっかり身につけようと思います。
何かマニアックな人の絆が感じられて参加できてよかったです。

直筆の感想文(市川一巳さん)

 

★背景にある思想、東洋の考え方など趣深くてとっても良いもの

平沼公代さん(福岡県)

平沼公代さんの顔写真

術も素晴らしいのですが
間合いや、壁になることのピタっと感など
自分と相手との調和とのいう事。治療は協力、心を通わすこと。そういったことの大切さをすごく感じました。
又、術を支える背景にある思想、東洋の考えなどの趣深くてとっても良いものだなーと思いました。
これまで通り過ごしてきたささいなことを大切に丁寧にしていきたいと思います。

 

 

再生すると音声がでます

プリンタ用画面
前
Q&A
カテゴリートップ
セミナー案内
次
整体)入門☆肩こり編
柔整師・整体師の方へ 東京都港区-品川駅の鍼灸院(頭痛・肩こり・花粉症)