Q&A

Q1.整体とは何が違うのですか?

活法はいわゆる整体の源流だとお考えください。活法本来の意味では「柔術における殺法の裏技」です。昨今の整体術は簡素化され、柔術の面影がありません。活法は柔術の面影が残っている整体術と言えます。活法は、古武術整体と言い換えることができます。

Q2.活法って本当に効きますか?

体に起こる変化はすぐにわかります。当研究会では年に数回のペースで体験セミナーを行っております。講師の技を実際に受けることもできますし、術者として実際に使ってみることもできます。

Q3.どれくらい効果が持続しますか?

活法の特徴である「瞬間変化」。一瞬での変化を目撃された方から出る質問は「その状態はどれくらい持続しますか?」というものです。答えはケースバイケースです。
好転した状態が脳に上書きされれば、その状態は長く続きます。しかし、脳の錯覚(良くなったかもしれない)で終わってしまうと長く続きません。あらゆる療法に共通することですが、効果は患者さんの症状と術者の力量に左右されます。

Q4.碓井流の「碓井(うすい)」とは何ですか?

創始者「碓井誠」から取っています。碓井誠は柔術を源流とする整体術(活法)を伝承した数少ない術者です。この技術を現代に活かすため、碓井誠の独自の視点から組立て直し体系化したものです。活法研究会は碓井流をベースに活法の普及と発展に努めております。

Q5.他の碓井流活法セミナーとの違いを教えてください。

碓井流の団体がいくつかありますが、創始者碓井誠の門下生が立ち上げたものです。それぞれが独立して運営を行っております。
当会は、鍼灸師と柔道整復師が短期間で活法を習得できるように、独自にカリキュラムを作り、実用性を追究し現在も刷新を続けております。セミナー会場には全国から鍼灸師と柔道整復師が集い、最大のコミュニティが出来上がっております。講師人数、セミナー開催数、受講者数、いずれも当会が最大です。

プリンタ用画面
前
自己調整術
カテゴリートップ
碓井流活法とは
柔整師・整体師の方へ 東京都港区-品川駅の鍼灸院(頭痛・肩こり・花粉症)